原付免許の取り方

原付免許を取得すると、総排気量50ccまでのバイクに乗ることができます。原付免許を取得するには、お住まいの地域の運転免許センターで試験を受ける必要があります。原則として、ご自身が住民登録をしている都道府県で試験を受けます。実家を離れて生活をしているけれど、住民登録は実家という方などは運転免許試験会場にご相談ください。

原付免許の資格
年齢:16歳以上
視力:両眼で0.5以上。
   片眼が見えない場合は、他眼の視野が左右150度以上で視力0.5以上。

原付免許の取得の方法
都道府県の運転免許センターにて試験を受けます。
適性検査をクリアし、学科試験に合格した後、原付講習を受けて初めて原付免許が取得できます。
※県によっては、学科試験の事前に原付講習を実施する場合もあります。
原付免許申請手続き
原付免許を取得するためには、各都道府県の運転免許センター(試験場)で申請手続きを行います。
申請後、適性検査・学科試験・原付講習を受けてください。

原付免許申請手続きまでに準備するもの
・運転免許申請書(試験場にあります)
・受験票(試験場にあります)
・住民票1通 (発行後6ヶ月以内で本籍地 の記載のあるもの)
・顔写真 (撮影後6ヶ月以内でタテ30mmヨコ24mmのもの)
・印鑑(認め印で可)
・筆記用具(HB以上の鉛筆、ボールペン、消しゴム等)
・費用 7,450円
(試験手数料1,650円+交付手数料1,750円+原付講習料4,050円)
・メガネやコンタクトレンズ(視力矯正が必要な人の場合)
※ 都道府県によって費用などが異なりますので、
各運転免許センターにて確認してください。
合格した場合、技能講習がありますので運動しやすい服装で運転免許センター行きましょう。
適性試験
公道を走行するための適性をチェックされます。
所定の条件を満たさない場合、免許を取得することはできません。
身体に障がいのある方は、運転免許センター「適性相談窓口」に相談してください。

合 格 基 準
1.視力検査両目で0.5以上、視野角が150度以上。(メガネなどの使用可)
2.色彩識別検査 信号機に使用されている、赤・青・黄色を識別できること
3.運動能力検査 指・手足・腰などの身体機能に障がいがないこと
学科講習

30分間で交通法規を中心とした文章問題が46問、イラストによる危険予測問題が2問出題されます。文章問題が1問1点、イラスト問題は1問2点の50点満点の試験となります。45点以上を獲得できれば合格となります。

問題にチャレンジ

原付講習
学科試験に合格すると、学科講習と技能講習を合計3時限受講することとなります。
技能講習に備えて運動しやすい服装で受験しましょう。
※県によっては、学科試験の事前に原付講習を実施する場合もあります。
原付免許を取得した後は
【グッドライダーミーティング】

安全運転の知識・技能のレベルアップ、そして安全な二輪車交通社会のためにも定期的に受講しましょう。 運転に不安がある人や、もっとレベルアップを図りたい方、オススメです。

グットライダーミーティング

【グッドライダー・防犯登録】

『グッドライダー・防犯登録』をしておけば、万が一、二輪車の盗難にあった時も、 警察と全国二普協、販売店の三者の連携で、早期発見を実現します。

グットライダー防犯登録

Challenge questions moped license

ゲンチャレTopに戻る