一般社団法人日本二輪車普及安全協会
  • お問い合わせ
  • みんなの声
  • お知らせ
  • 更新情報
  • プレスリリース
  • 二輪車通行規制区間
  • グッドライダーミーティング
  • 全国バイク駐車場案内
  • ゲンチャレ
九州ブロックホーム > 安全・安心 > その他の安全・安心情報 > 被災地域の車検証の有効期間が延長されました。
その他の安全・安心情報
2017.7.13

被災地域の車検証の有効期間が延長されました。

国土交通省は、大雨と台風による被害を受けた福岡県と大分県の一部地域を使用の本拠とする車両の車検査証有効期間が延長されます。

6月30日からの梅雨前線に伴う大雨と台風3号の被害に伴って被害地域では、車両の継続検査を受けることが困難で、車検の有効期間が切れるおそれがあるための対応です。このため、道路運送車両法第61条の2の規定を適用し、車検証の有効期間が延長されます。

福岡県の朝倉市、朝倉郡東峰村、田川郡添田町、大分県の日田市、中津市を使用の本拠とする車両のうち、車検の有効期間の満期日が7月5日から8月4日までのものについては、車検証の有効期間を8月5日まで延長されます。公示により有効期間延長の適用を受けた自動車の自動車損害賠償責任保険(共済)の契約期間については、延長された期間内の継続検査を申請する時までに契約すればよいこととなります。なお、対象地域の状況に応じ、再延長することがあります。

同様の対応は、熊本地震や東日本大震災の時にも被災地域で対応されていました。

被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

このページのトップへ