一般社団法人日本二輪車普及安全協会
  • お問い合わせ
  • みんなの声
  • お知らせ
  • 更新情報
  • プレスリリース
  • 二輪車通行規制区間
  • グッドライダーミーティング
  • 全国バイク駐車場案内
  • ゲンチャレ
関東ブロックホーム > 安全・安心 > 原付免許取得 > 原付バイクと原付免許
原付免許取得
2018.4.10

原付バイクと原付免許

 ★原付バイクとは“50cc以下”のバイクのことです 

 ◆バイクの中では一番小さいクラスで、スクータータイプが主流です。
 ◆正式名は “原動機付自転車” で、学科試験だけで免許が取れて
   手軽に乗れるのが特長です。 (合格者には実技講習が義務づけられています)
 ◆50ccとはエンジンの排気量で、一番小さいクラスなので経済的です。
 ◆バイクの後には市区町村が交付する白いナンバープレートが付きます。

  ※見た目は原付と同じようだけど、黄色やピンクのナンバープレートのバイクは、
   道路交通法では自動二輪になりますから原付免許では乗れません。

 ★原付免許取得の条件は・・・・・

 ◆16歳以上の方で、視力が両眼で0.5以上(眼鏡、コンタクト使用可)の方。
   また、聴力、色彩識別能力、運動能力に問題の無い方。
 ◆原付免許を取るためには、都道府県にある運転免許試験場 (免許センター)で
  学科試験を受け合格しなくてはなりません。

  ※ 学科試験に合格した方は実技講習(試験ではありません)を受講します。
  → ゲンチャレ・実技編へ

 ★原付免許試験ガイドページ

 下記全5ページより、原付免許試験ガイドをご覧下さい。


このページのトップへ