一般社団法人日本二輪車普及安全協会
  • お問い合わせ
  • みんなの声
  • お知らせ
  • 更新情報
  • プレスリリース
  • 二輪車通行規制区間
  • グッドライダーミーティング
  • 全国バイク駐車場案内
  • ゲンチャレ
中部ブロックホーム > レース > 各種講習会 > 2010年1/24(日)MFJレスキュー講習会レポート
各種講習会
2010.4.3

2010年1/24(日)MFJレスキュー講習会レポート

 
 

これは2002年から続けている中部エリアのレース関係者のための応急手当講習会で、おもにレース会場等でのファーストエイドのスキルを習得してもらい、モータースポーツの安全性を出来るだけ高めてもらおうというもの。今回は遠くは富山県からの参加者もあり、定員を超える計63名の受講者の皆さんに1日しっかりと内容の濃い講習を受けてもらいました。

指導担当はモータースポーツ・ライフセービング機構(L.S.O.)事務局長の伊東氏と、L.S.O.認定インストラクター3名。実技がメインで、受講者はそれぞれケガ人役・救護者役、コーチ役などを交代で行い、実際の事故の現場で「使える」応急手当の練習をしてもらいました。ケガ人の容態の見極めなどでは、「判断が難しい・・・」と受講者からため息混じりの声も上がりましたが、それはいざという時に対応が求められることが多いレース関係者ならではの反応。皆さん、自分たちの現場を常に頭に思い描いて、真剣に講習を受けている様子が印象的でした。

また、今回は一般のライダーの参加も多く、女性ライダーも11名受講され、より幅広い層に応急手当を学んでもらえたと思います。その他、最近、普及し始めたAED(除細動器)の使い方や心肺蘇生法などをシミュレーター機器や人形を使って繰り返し練習。2010年レースシーズンを間近にひかえたいいタイミングで講習が出来たと思います。なお、このMFJレスキュー講習会は隔年開催で、今回受講された方には2年間有効のL.S.O.認定証が渡されます。次回は2012年1月開催予定。

レポート:MFJ中部

MFJレスキュー講習会

●開催日 2010年1/24(日)

●会場 グリーンパレス春日井(愛知県春日井市)

●主催 (財)日本モーターサイクルスポーツ協会

●協力 中部モーターサイクルスポーツ協会(MFJ中部)

このページのトップへ