一般社団法人日本二輪車普及安全協会
  • お問い合わせ
  • みんなの声
  • お知らせ
  • 更新情報
  • プレスリリース
  • バイク月間
  • 二輪車通行規制区間
  • グッドライダーミーティング
  • 全国バイク駐車場案内
  • ゲンチャレ
ホーム
安全運転
  • 安全運転講習
  • 安全運転推進
  • 免許取得情報
防犯
  • 防犯登録
  • 盗難照会
  • バイクを守る
バイクの楽しみ
  • 乗り方・買い方
  • モータースポーツ
  • バイク月間
  • 著名人インタビュー
  • キッズバイクスクール
  • グッドライダーミーティング体験記
利用環境
  • 全国バイク駐車場
  • 通行規制区間
  • 二輪車ETC
  • 二輪車の利便性
流通環境
  • 二輪車リサイクル
  • 二輪車品質評価者制度
  • 陸運関係功労者表彰
  1. ホーム
  2. 利用環境
  3. 二輪車ETC

二輪車の有用性

二輪車ETCについて

2001年に四輪車による本格運用が始まって以来、その便利さと割引料金の適用拡大で普及を広めたETC。国土交通省は約5,000名のモニターを募って試行運用を繰り返し、安全性に問題がないことを確認。満を持して多くのライダーが待ち望んでいたサービスが、2006年11月1日午前0時より始まりました。

有料道路での料金支払いはかなり面倒なものです。金銭受渡しのため、グローブを一旦外さなくてはなりません。バッグから小銭やカードを取り出して清算し、またグローブをはめてスタート。四輪車より、手間も時間も掛かります。雨の日や強風の日には吹きさらしの中。後続車に圧迫感を覚えるライダーも多かったです。しかも、お金を落とすとバイクを降りて拾いに行かなくてはいけませんでした。

便利で快適な走行を約束するETC。料金所でのロスタイムが大幅に短縮され、渋滞解消にも繋がります。導入と同時に割引が適用され、様々な特典も受けることが出来ます。

ETC機器の種類、装着費用(参考)

二輪車専用ETC機器は一体型・分離型合わせて4つになります。

一体型は、車載器をハンドル周りに取り付けします。手元で簡単にETCカードの抜き差しが可能です。

分離型はアンテナ・インジケーターのみをハンドル周りに取り付けし、車載器はシート下などに取り付けるのでハンドル周りをスッキリにすることが出来ます。

会社名
ETC本体 一体型 JRM-12一体型 JRM-12 分離型 JRM-11分離型 JRM-11 分離型 JRM-11一体型 MSC-BE21 分離型 JRM-11分離型 MSC-BE31
本体価格 19,950円 29,820円 19,950円 28,800円
セットアップ料金 2,625円
取付工賃(※) 5,250円 10,500円 5,250円 10,500円
支払額 27,825円 42,945円 27,825円 41,925円
車種や取付位置によって料金は変わります。別途取付ステー代が必要です。
上記金額には5%の消費税が含まれています

上記支払額については、あくまでも目安です。
取り付けの際は、お近くのセットアップ店までお問い合わせください。

ETCの不正利用を防止するため、 二輪車販売店、整備工場などのセットアップ店として登録された二輪車ETCセットアップ取扱店で機器を購入し、取り付け、セットアップを行わなければならないこととなっています。所有者などの個人がETCの取り付け、セットアップを行う事は認められていません。

二輪車専用でない車載器は防水性・耐振動性を確保していません。従って、誤作動等を引き起こす可能性があるので、二輪車専用でない車載器を取付けることは絶対に止めてください。

ETCカードが必要です

二輪車と四輪車を保有している場合、既に四輪車でETCを利用しているETCカードをそのまま二輪車の車載器で使用出来ます。

ETCを使って料金所を通過すると、支払いはETCカードの名義人に課金され、クレジットカードで買い物をしたと同じように請求されます。

車載器の名義人ではなくETCカードの名義人に課金されますので、レンタルバイクなど借りた車でも自分のETCカードを利用することが可能ですし、二輪車と四輪車をなどの車輌の種別を問わず使用出来ます。

ETCカードの発行についての、お申込み方法や発行までの期間などについては、クレジット会社の機能を利用出来るクレジットカード会社、またはクレジット会社を通さないETCパーソナルカードを発行している有料道路会社へ直接お問合せください。

二輪車ETC装着後の安全運転について

ETCを装着し、いざツーリングへ! 高速道路の料金所ではETCレーンを通ることになりますが、その際は下記に挙げた点に注意してください。

  1. 時速20km以下に減速して進入し、徐行で通行しましょう
  2. 料金所レーンでの並走、追い抜きはしません
  3. 十分な車間距離を取って1台ずつ進入しましょう
  4. ETCカードの取扱いは確実に(特に有効期限、インジケータの確認をしましょう)

ETCレーンが開かなかったら!

ETCレーンに進入した際に開閉バーが開かなかったら、その場で止まらずにそのまま開閉バーを避けてETCレーンから退避してください。安全なところに退避したあとで、最寄の道路会社に連絡をお願いいたします。

二輪車ETCに関するお問い合わせ先

二輪車ETCに関することについては、下記サイトをご覧頂くか
(財)道路システム高度化推進機構へお問い合わせください。

高速道路の走行について

高速道路は、対向車はいませんし、横から飛び出してくる歩行者もいません。一般道よりも安全に長距離を走ることが出来ますが、速度が高くなっているため一般道路とは違った運転が必要です。意識して余裕のある走行を心掛けて下さい。

二人乗りが出来ます

「年齢20歳以上」かつ「大型自動二輪車免許又は普通自動二輪車免許を受けていた期間が通算3年以上」 であれば高速道路で自動二輪車の二人乗りが出来ます。タンデムツーリングのコツは下記サイトを参考にしてください。

制限速度を守りましょう

速度規制がなければ、100km/hまでスピードを出せますが、高速道路では気象条件など自然現象や道路工事、また事故などにより最高速度が規制される場合があります。道路標識に注意して、その時の状況に合った安全な速度で走行しましょう。

高速道路から、一般道に降りたばかりの時は、速度感覚がマヒしているため、スピードメーターを確認して、スピードの出し過ぎに注意してください。

車間距離を十分にとりましょう

速度が高くなっているため「危険を発見してから、停止するまでの距離」が長くなります。制動距離は一般に50km/hで約18m、100km/hで約84m必要とされています。速度が2倍になると、制動距離は約4倍にも伸びます。それだけ、車間距離を十分に保つことが重要です。追突事故を防ぐためにも、十分な車間距離をとりましょう。雨で路面が濡れていたり、タイヤが磨り減ってたりする時は、通常の2倍程度の車間距離が必要とされています。

速度を一定に保つようにしましょう

アクセルを一定にしていても、下り坂ではスピードが上がり、上り坂ではスピードが落ちます。特に上り坂でスピードが落ちると、後続車との車間距離が詰まって流れを乱したり、後続車が次々とブレーキを踏んで渋滞が発生します。時々スピードメーターを確認して、スピードが極端に変わらないように注意しましょう。

横風、突風に注意しましょう

高速道路では、トンネルの出口、山間部に架けられた橋の上、海岸沿いの橋の上、切り通しの終点などは、強風や突風の吹きやすい場所があります。それまで快適に走っていたのが、突然横から圧力がかかると、一瞬急ブレーキを踏んだり、急ハンドルを切ってしまいます。風による事故はこの瞬間が最も多いとされています。普段の安全運転で、ちょっとスピードを落として、急ブレーキや急ハンドルはしないようにすればいいのです。パニックにならないように、早めに道路状況を把握して、そのポイントにさしかかったら、心の準備をしておきましょう。

都市高速道路の走行は、事前に道路地図を確認しましょう

首都高速などの都市高速道路は、高速道路とは言えないような急カーブが多く、出入り口が複雑で、さらに合流地点の多さなど危険な箇所がたくさんあります。それなりの知識が無いと、利用するのは難しいでしょう。しかし、うまく利用すればとても便利な道路である事は間違いありません。活用するためには、首都高速の道路地図を、ある程度頭に入れておく必要があります。それによって一日中流される交通情報も理解出来て、走り方にも余裕が出来て、上手く利用出来るようになります。

首都高速は都市高速道路であり、多くの区間では60km/h以下の速度規制になっています。また、走行車線・追い越し車線という概念はありません。
都心環状線など首都高速の一部区間については、引き続き二人乗りが禁止されています。出発前には規制区間と迂回ルートを確かめて、安全で便利なタンデムツーリングを楽しみましょう。首都高速道路の二人乗り通行禁止区間と迂回ルートについては、下記サイトを参考にしてください。

適度に休憩をとりましょう

高速道路では、意外と体力が消耗されます。また時速100km/hで走行時の空気抵抗は約28m/秒と台風並です。一般道路を走る時の休憩の目安は2時間に1回ですが、高速道路では早めに休憩を取り、疲れを感じる前に、SAやPAに入るようにしましょう。

高速道路ETC時間帯割引について

2011年6月25日(土)以降のETC時間帯割引は以下の通りになります。

時間帯割引は重複適用されません。割引額が最も大きいものが適用されます。

詳細については、各道路会社へお問い合わせください。

休日特別割引

東京・大阪近郊以外の地方部区間は土・日・祝日の終日に走行した場合、最大50%割引
東京・大阪近郊の大都市近郊区間は土・日・祝日の6時~22時に走行した場合、最大30%割引、0時~6時・22時~24時に走行した場合、最大50%割引

上限1,000円は、2011年6月19日(日)で終了しました。

この終了による財源は東日本大震災の復興財源として活用されます。

深夜割引

0時~4時に走行した場合( 0時~4時をまたがる走行の場合も対象)最大50%割引

「東名高速東京料金所(上り線)」または「東名阪道亀山料金所(出口)」を、23時~24時に流出する場合も、最大50%割引の深夜料金が適用されます。
「東京IC~裾野IC間」及び「みえ川越IC~亀山IC間」においては、休日の22時~24時に流出する場合も、最大50%割引の深夜料金が適用されます。

早朝夜間割引

東京・大阪近郊の大都市近郊区間で、22時~翌日6時までの間に料金所を通過し、1回の走行が100km.以内の場合、最大50%割引

通勤割引

東京・大阪近郊以外の地方部区間で、6時~9時・17時~20時までの間に料金所を通過し、午前・午後それぞれ最初の1回走行した分 (2回目以降は対象外)、最大100km相当分まで最大50%割引

平日昼間割引

東京・大阪近郊以外の地方部区間で、祝日を除く月~金曜日の6時~20時までの間に料金所を通過した場合、最大100km相当分まで最大30%割引

平日夜間割引

祝日を除く月~金曜日の4時~6時・20時~24時までの間に料金所を通過した場合、最大100km相当分まで最大30%割引

その他

  • 恵那山トンネル区間・飛騨トンネル区間・伊勢湾岸道路の料金割引
  • 東海環状道路連続利用割引
  • 圏央道全線利用割引
  • 圏央道連続利用割引

があります。

高速道路料金、渋滞情報などの詳細については、下記サイトをご覧頂くか、各道路会社へお問い合わせください

このページのトップへ