一般社団法人日本二輪車普及安全協会
  • お問い合わせ
  • みんなの声
  • お知らせ
  • 更新情報
  • プレスリリース
  • バイク月間
  • 二輪車通行規制区間
  • グッドライダーミーティング
  • 全国バイク駐車場案内
  • ゲンチャレ
ホーム
安全運転
  • 安全運転講習
  • 安全運転推進
防犯
  • 防犯登録
  • 盗難照会
  • バイクを守る
バイクの楽しみ
  • 乗り方・買い方
  • モータースポーツ
  • バイク月間
  • 著名人インタビュー
  • キッズバイクスクール
  • グッドライダーミーティング体験記
利用環境
  • 全国バイク駐車場
  • 通行規制区間
  • 二輪車ETC
  • 二輪車の利便性
流通環境
  • 二輪車リサイクル
  • 二輪車品質評価者制度
  • 陸運関係功労者表彰

  • バイクに乗る前に
    • あたたかい思いやり
    • いのちのスペアーはない
    • 譲り合いの心
    • 運転者の責任
    • 人間の心身の状態と運転
  • 運転のしくみ
    • 見る
    • 判断する
    • 実行する
    • 「だろう」「もしも」運転
  • 自分を守るためには
    • 相手から見られるために
    • よく目だつ服装
    • ヘルメットをかぶりましょう
    • 整備や点検は十分に
    • 不正な改造はやめましょう
    • 危険を予測した運転をしましょう
    • 過信や慢心は命とり
  • 基本の乗車姿勢
    • 「視線」は広く全般に
    • 「肩」の力をぬく
    • 「ひじ」は突ぱらない
    • 「手」のにぎり方
    • 「腰」の位置
    • 「ひざ」は開かない
    • 「足」のつま先はまっすぐ
  • 上手な止まり方
    • エンジンブレーキ
    • 前輪ブレーキ
    • 後輪ブレーキ
    • ブレーキの上手なかけ方
  • カーブの上手な走り方
    • 手前減速
    • バンク角はカーブに応じて
    • カーブでのブレーキ
  • 走行するときの障害物
    • 障害物
    • 砂、泥、落葉
    • 水たまり
    • じゃり道や悪路
  • 雨降り時の走り方
    • 視界が悪くなる
    • 減速して走る
    • 車間距離を多くとる
    • 「急な操作」はしない
    • 深い水たまりは避ける
    • レールの上などは避ける
    • 歩行者などに迷惑をかけない
  • 混合交通でのバイクの走り方
    • 歩行者の保護
    • マナーのよい運転を
    • 一時停止の励行
    • 合図はクルマの言葉です
    • 対向する四輪車の右折に注意
    • 大きな交差点では二段階右折を
    • 停車中の四輪車のドアが急に開く
    • 四輪車の内輪差を計算する
  • 忘れてはならない万一の備え
    • バイクに欠かせない保険
    • 自賠責保険とは
  • 運転中の錯覚に注意!!
    • 交差点
    • 追越し
    • 対四輪車
    • 対大型車
    • 坂道
    • カーブ
    • 夜間
  • 実技講習の一般的な時間割

原付試験にチャレンジできるゲンチャレ

原付スクーター Safety Riding!

ジャパンライダーズ【JAPAN RIDERS】

忘れてはならない万一の備え

少年A、17歳。ある小雨の降る夕方、バイクを飛ばしていた。人通りの少ない街路で、カーブを曲がった瞬間スリップ。彼はバイクからふり落とされ、無人になったバイクだけが、道路の反対側まですっ飛んでいった。幸い彼自身は、右脚骨折だけですんだが、運の悪いことに、バイクが道路わきを歩いていた会社員Bさんに激突。Bさんは頭の骨を砕かれて即死した。
 それからAの両親の苦労が始まった。裁判の結果、Bさんの遺族に対する損害賠償額は3,000万円を超してしまった。Aは、任意の自動車保険に入っておらず、自賠責保険も期限切れになっていた。Aの入院費とBさん一家への補償をかかえ、両親は、「なんとか月賦ででも」とお願いをくり返すばかりだという。

バイクだから大した事故にはならない、とタカをくくっていると、とんでもないことになるブー。事故というものは、どんなはずみで起きるか、だれにも予測はできないブー。軽いスリップで、多少のすり傷ですむような事故ならまだしも、歩行者にケガをさせたり、死亡させたりでもしたら、どうするブー。

バイクに欠かせない保険

車の保険には、法律によって加入が義務づけられている自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と、任意に加入する自動車保険もあります。

自賠責

自賠責保険だけでは、補償の範囲、保険金に支払い限度があるなどの点で十分とはいえません。任意の自動車保険は、自賠責保険支払いの限度額を超える対人賠償事故や自賠責保険では支払われない対物賠償事故、さらに自分の自動車・バイクの損害や、自分自身のケガなどの危険に備えるためのものです。

自賠責保険とは

●自賠責保険の補償(支払い限度額)

1. 死亡の場合
  1. イ 死亡による損害(逸失利益=生きていれば得られたはずの収入、葬儀費、慰謝料を合計したもの)に対して…被害者1名につき最高3,000万円まで。
  2. ロ 死亡するまでの傷害に対して…被害者1名につき最高120万円まで。
2. 傷害の場合
  1. イ 傷害による損害(救助捜索費、治療関係費、慰謝料と治療期間中の休業損害の合計)に対して…被害者 1 名につき最高120万円まで。
    ☆慰謝料……1日につき4,200円。☆休業損害……1日につき5,700円
    ただし、それ以上の休業損害が証明し得る場合は、1日につき、19,000円を限度として実費補償。
  2. ロ 後遺障害による損害に対して傷害の程度に応じた等級(14等級あります)により被害者1名につき第14等級最高75万円まで~第1 級最高3,000万円まで支払われます。重い後遺障害で介護が必要な場合、最高 4,000 万円まで支払われることがあります。

●自賠責保険・保険料

(平成29年4月1日改定 沖縄・離島を除く)

    1年 2年 3年 4年 5年
原動機付自転車 125cc以下 7,500円 9,950円 12,340円 14,690円 16,990円
軽 自 動 車
(検査対象外車)
二輪125cc超~
250cc以下
8,650円 12,220円 15,720円 19,140円 22,510円
小 型 二 輪 車 250ccを超えるもの 8,290円 11,520円 14,690円    

●自賠責保険の加入は義務です

自動車(原動機付自転車も含む)は、自賠責保険の契約をしていないと運行してはなりません。もし自賠責保険に加入していなかったり保険の期間が過ぎている状態でバイクを運転した場合は、交通違反の点数6 点が課せられ、また罰金刑や懲役刑を課せられることもあります。自賠責保険には必ず加入して運転しましょう。

◆「原付Safety Riding!」でこのページの内容をCHECKしましょう!

事故遭遇時の義務と事故への備え

NEXT

日本二輪車普及安全協会がお届けする原付免許試験問題チャレンジ「ゲンチャレ」
「ゲンチャレ」であなたも安全運転ファミリーの一員に!
© Japan Motorcycle Promotion & Safety Association