一般社団法人日本二輪車普及安全協会
  • お問い合わせ
  • みんなの声
  • お知らせ
  • 更新情報
  • プレスリリース
  • 二輪車通行規制区間
  • グッドライダーミーティング
  • 全国バイク駐車場案内
  • ゲンチャレ
北海道ブロックホーム > レース > 全日本スノーモービル選手権 > 競技会におけるヘルメット特別検査制度の廃止について
全日本スノーモービル選手権
2018.11.2

競技会におけるヘルメット特別検査制度の廃止について

スノーモビルの開幕も近づいてまいりました。2018年度全種目に適用されている、競技会におけるヘルメット特別検査制度の廃止についてご案内いたします。

MFJ公認マークのないヘルメット(海外メーカー等で正規代理店を経由しないものを含む)はMFJ競技会では使用できません。大会当日に特別検査料を徴収し公認シールを貼付するサービスは行いません。

特例として公認マークが「剥がれて」しまった場合のみ、公認モデルであることを前提に「誓約書」を提出して1大会のみ出場が認められる場合があります。この場合次の大会までに製造メーカーまたは正規輸入代理店にライダーが直接連絡しマークを購入、貼付すれば次戦以降使用可能となります。

全日本スノーモビル選手権では大会当日車検にてヘルメット公認マークチェックを行っております。参加者の皆さんは公認マークが見える状態にしてヘルメットチェックを受けてください。


MFJ公認マーク
MFJ公認 車両・ヘルメット・スーツ
最新公認部品・用品リスト
このページのトップへ